スクール日記

-サマーキャンプ-

 

 

7月13-14日は余市にサマーキャンプへ行ってきました!

 

教育福祉村に到着して、まずは畑で農作業です。

皆で協力して雑草を抜き、成長した野菜を観察したり撮影しました。

野菜は少しずつ実ってきたけれど、食べ頃はもう少し先になりそうかな?

 

お弁当を食べてからは登川へ移動して川遊びをしました。

蒸し暑い気温の中、ひんやりとした川の水に足を入れてグングン進み、黒曜石を探したり、火成岩などを拾いました。

岩場が滑るので転んでしまった子どもも何人かいましたが、それでも楽しそうに笑う姿にパワフルさを感じます!

 

教育福祉村に戻ってからは夜ご飯の野外バーベキューの準備の為、各自で食材のカットや薪割り、火起こしを行いました。

調理や薪割りをしたことがない子もいましたが、自分のことは自分でやろう!と皆でチャレンジしました。

 

夜ご飯の後は鶴亀温泉へ行き、汗を流してサッパリ。

少し休憩をはさみ、ミニキャンプファイヤーのスタートです。

生徒達お待ちかねの花火もたくさん用意してあります!

「花火に火をつけるのは怖いよ~」という子がいれば、

「私が火を分けてあげるから待っててね!」という頼もしい上級生の姿。

火を繋げあって真っ暗闇の中にカラフルな花が咲き乱れました。

 

翌日(7月14日)は日の出前から起き出す子もいて、「日の出を見たい」という数名の希望で教育福祉村の丘の上まで散歩しました。

皆が起きてからは布団を片付けて、朝ご飯(兼昼ご飯)の準備です。

おにぎりの具材やお味噌汁も生徒達だけで作りました。

 

その後は海へ行き、泳ぐ子は水着に着替えて海に入りビーチボールで遊んだり、泳がない子は砂浜で遊んだり、様々な遊びスタイルでひと時をすごしました。

最後のスイカ割りではヒットしてもなかなか割れず、何度も挑戦しました。

 

帰りの車では爆睡する子の顔もチラホラ…

様々な経験から多くのことを学び、感じられた充実した2日間になりました。

皆、お疲れ様でした!

 

 

(2022.7.26 / 齋藤)


-園芸 その後-

 

毎日暑いですねー!

スクールの子どもたちが世話している植物は、ぐんぐん成長しています。今日も炎天下の中、植物の観察をしました。

 

 

どれだけ大きくなったかみんなメモを取ります。

ワイルドストロベリーは赤い小さな実をつけて、バジルはもう食べられそうなくらい大きくなりましたよ。

 

 

この日は七夕。

園芸チームと七夕飾りチームに分かれて作業を行いましたが、みんな外にぱーーっと飛び出していく姿が印象的でした。

 

 

収穫したら何作るのかな?

 

 

(2022.7.7 山田)

 

 

 

バジルは収穫できそう♪
バジルは収穫できそう♪

-ものづくり科 園芸-

 

 

6月15日のものづくり科ではスクールで園芸を行いました。

 

最初にピーマン・キュウリ・ナス・バジル・ワイルドストロベリーから担当を決めて、上手に育てる為にはどんな条件が必要なのかチームごとに調べる作業から始まりました。以前にも野菜・植物の育て方をグループで調べたことがあったので、調べる力・まとめる力の向上を感じました。

 

下調べが終わった後は、苗を植木鉢に植え替えしました。担当グループによっては支柱を立ててまっすぐ育つように工夫したり、肥料を追加したりしていました。

 

その後はそれぞれじっくりと観察して記録シートにまとめをしました。茎の長さや葉っぱの枚数、感触などを記入したり、こういう風に育ってほしい…という希望を書いてくれた子もいました。皆の期待通りぐんぐん成長してくれることを期待しています。

 

 

(2022.6.17 / 齋藤)

       どんな風に育てたら良いのかな…?
       どんな風に育てたら良いのかな…?
        どんな特徴があるか観察中!
        どんな特徴があるか観察中!

-文教大の学生による特別授業-

 

 

6月8日(水)は、2時間目と3時間目が、文教大の学生3名による特別授業でした。

 

2時間目は、不法投棄をへらすにはどうしたらいいのか、という社会問題についてみんなでグループワークをしました。この授業を行ったのは、ごみ処理恵庭モデル検討会で活動しているOさん。

 

 

いつもどおり、小学生、中学生混合のグループです。

 

中学生がシンガポールでの事例を話して「えー、そんなとこあるの?」「厳しいね!」という声があがったかと思うと、

小学生からは「ごみでアート作品を作ったらいいんじゃない?」という楽しいアイディアが出たりして、あっという間に授業が終わりました。

 

 

 

そして午後の3時間めは、女子学生2名によるサイエンスクッキング。ブルーベリームースとグラデーションドリンクを作りました。そう、お菓子作りは科学の実験と似ていますよね!

 

 

糖度の高いシロップに炭酸水を入れて、きれいなブルーのグラデーションができました。炭酸が苦手で水を注いだ子はグラデーションにならず、みんなで理由を考えました。

ブルーベリームースもレモンソースで色の変化を楽しみましたよ。

 

 

文教大のみなさん、楽しい授業をありがとうございます。お疲れ様でした!

 

 

(2022.6.8 水/ 山田)

 

ごみ処理恵庭モデル検討会の活動内容を聞いています
ごみ処理恵庭モデル検討会の活動内容を聞いています
ごみを減らすアイディアについてグループワーク
ごみを減らすアイディアについてグループワーク
3時間めはサイエンスクッキングだよ
3時間めはサイエンスクッキングだよ

-運動会-

 

 

6月1日のスポーツ授業では運動会を行いました。

事前のミーティングで中学生が何度も打ち合わせを重ね、競技やルール・チームを決めてくれました。

 

最初の競技は長距離走でした。チームごとに走る順番を相談し、第1走者から第4走者は1周、アンカーの第5走者は2周を走りました。全速力で走るチームメンバーを応援する声にも熱が入っていました。

 

2つ目の競技はドッジボールです。声をかけあってパスをまわしたり、力強い球を投げたりナイスプレイが続出でした。ボールが当たって悔しい思いをすることもありましたが、最後までやり遂げる姿には成長を感じました。

 

最後の競技は障害物競争です。【縄跳び→ジグザグラン→ピンポン玉運び→じゃんけん→網くぐり】と様々なミッションゾーンをクリアしてチームでたすきをつないでいきました。

 

後日、感想文を書いてもらったところ「楽しかったからまたやりたい」「(初等部も)ミーティングに参加したい」など、たくさんの意見を聞くことができました。今後もこども達が新たな取り組みのアイディアを発信し、計画・実行にうつしていってほしいと思える良いイベントでした!

 

 

(2022.6.3 金/ 齋藤)


 

 

 

 

以前の日記をご覧になりたいかたはこちらでご覧ください。

過去のスクール日記