北海道自由が丘学園は

1998年に夕張市の旧鹿の谷小学校を借り

教育実践を続けて、

寄宿生活をしながらのべ100人余りの

中学生、高校生を送り出して来ました。


2003年11月、校舎を札幌に移し、

再出発することになりました。

 

 

 

四季のアーチをくぐって

新しい季節へ

 

 

 

  スクール日記を見る

 


現在北海道自由が丘学園は『月寒スクール』、学童保育型の放課後教室『月寒子ども館』、少人数制の学習塾『GAOKA塾』を運営しています。


北海道自由が丘学園は、一般的には「フリースクール」として分類されますが、私たちの目標は『市民立』の取り組みによる '子どもたちが主人公、学びの主体者’ の教育・学校づくりを目指しているNPO法人です。

 

スクールからのメッセージ

2学期が始まり、建物内もぐっと涼しくなって勉強しやすくなりました。さっそく余市に収穫に行ってきました。毎週のように見学者の方々にご来訪いただいています。

時間割などスクール生活についてはこちら≫

スクール日記はこちら≫

相談会・イベント

10月の相談会

不登校や学習、進学、

子どもの生活についてなど

お気軽にご相談ください。

10/12(金)15:00~18:00

10/27(土)10:30~15:00

 

くわしくはこちら≫


「もう一つの実家」

オープン

子育て中の大人が「実家のように」リラックスできるイベントを開きます。ミツヴァ健康教室など、お気軽にご参加ください。くわしくはこちら≫

学生週に本格そば打ち体験

NPOトピックス

9/15の環境講演会「予測できない気象の暴走」は、北海道東胆振地震の影響により、中止となりました。ご了承ください。

 

【あらたな居場所事業】WAM(福祉医療機構)の助成事業として‘17年は「つきさっぷ寺子屋」を実施しました。今年もその事業を発展させ『P・C・Aはうす』として次の2つを柱に取り組みます。

(1)「つきさっぷ寺子屋」
小中高校生が週末に集う場です。学習やレク・音楽・相談などのメニューを選び食事も作ります。
(2)「もう一つの実家」
子育て中の親(主に母)をサポートします。リフレッシュ・育児相談や健康法などを基本に「親的」な個別対応にも応じます。 もっと見る≫

 

「自由な小学校」をつくる会

北海道に「自由な小学校」をつくる署名活動中です。会合の報告、予定などが掲載されています。ゆきのさと通信最新号(第6号)もご覧いただけます。  もっと見る

  

「認定NPO法人取得」

2013年11月26日「認定NPO法人」を取得しました。 もっと見る